忍者ブログ
多くの人には戯言だけど、私と似た誰かにわずかでも糧になれば・・・何気ない人生の中で気付いたこと書いています。
[17] [16] [15] [14] [13] [12]

「出来ない」というのは悪いことではない。
「出来ない」ことはいっぱいあっていいんだよ。
恥ずかしくて、怒られそうで、がっかりされそうで、
「出来ない」とどうしても人に言えなくて、
何でも全部自分でやろうとしてしまうと、結局何も出来なくなってしまう。

全部やるということは、何かに偏って頑張ることが出来ない。
すると自分の能力は全部中途半端。特徴がいつまで経っても出てこない。
全部中途半端では、どれも誰かよりは優れていない。

まず気付かないといけないのはこれ。
「出来なくて困ってしまった時は、誰かに助けてもらえばいい。」
助けてもらうことは何も悪いことではない。
例えば、逆に誰かが自分に助けを求めて来て、
助けてあげて感謝されれば嬉しいでしょ?
誰かに必要とされることは嬉しいでしょ?
誰かにとって自分が無くてはならない存在だと安心でしょ?
自分に存在価値を与えてくれる人がいると心が安らぐでしょ?

誰かを頼りにするということは、
頼りにされた人に生きがいをもたらすんだから。

気が付いた?

ここからが大事。
自分の大事な人、感謝している人に頼りにされたら喜んで協力できるでしょ?
素敵な、大好きな人だったら喜んで力になるし、是非とも頼られたいよね?

つまり、誰かに頼ることで相手に喜んでもらうには、
何か別のことで、自分に「出来る」ことを見つけて伸ばしておくこと。

「出来ない」ことをやろうとするのではなく、
「出来る」ことを周りに尊敬されるくらいやりこんで、
その代わり自分に「出来ない」ことを周りにやってもらう。

全部自分でやってしまったら、誰とも頼ったり頼られたりできないんだからね。
全部自分でやるのは大変だよ。というか全部なんて絶対出来ない。
この高度に発達した社会の中では、
生きていく為にやらないといけないことがいっぱいあるんだから。

だから全部やろうとするのは無謀なことで、
どれか1つでいいから、ものすごく「出来る」ことを持つ!
そして他の出来ないことは、それを「出来る」人にやってもらう。
そして自分はその代わりに、自分の「出来る」ことをやってあげる!

社会はそうやって持ちつ持たれつで、
互いに存在価値を認め合いながら、生きがいを感じて
互いに楽しい人生を、でも互いに違う人生を歩んでいくんだよ。

誰かに頼られるような特徴も特に無く、
誰かに頼るような自信も無い。
そんな一人ぼっちの人生は大変でしょ?
「社会の輪」ってきっとつまりこういうのなんだよ。


自分に自信の無い人は、まず人に頼ることから上手になろうね。
頼ることが出来るようになったら、自分を磨く余裕ができて自信が出来るから。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
まみを
性別:
非公開
自己紹介:
自分が幸せなのか悩める幸せ者。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ
Designed by 穂高
Copyright © 戯言コラム All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]